はじめに

 反復と追憶とは同一の運動である、ただ方向が反対だというだけの違いである。つまり、追憶されるものはかつてあったものであり、それが後方に向かって反復されるのだが、それとは反対にほんとうの反復は前方に向かって追憶されるのである。

                      キルケゴール『反復』

 5年前の春、私は大学院を中退した。終わったことの実感が湧かなかった。「レールモントフとキルケゴール」をテーマに研究していたのだが、私の能力不足でそれを「学問的に」表現することができなかったのである。私は、落伍者として東京を去った。

 それから5年、文学とは無縁な会社に就職した。総務、経理、不動産、建築、給料、賞与、上司、社長、定時、安定、有給、終身、石化した日常の中で追憶する過去は美しく思えた。この感情は気まぐれで続かないかもしれない。ただ、私は「場」を与えることにした。反復する場所を。И,снова イ、スノーヴァ (そして、再び) = イスノバ

 この場は私が学問的に語りえなかったことを学問的でないやり方で、間接的な方法で表現する場である。これは単なる紹介文や感想文にすぎないが、私にとっての小説であり、詩である 。